BLOG

コタンクルカムイ

コタンクルカムイ。かつてアイヌの人びとはシマフクロウの事を村の守り神と呼んだ。

シマフクロウは日本で最も絶滅の危機に瀕している生き物のひとつである。森林伐採による巣穴となる大樹の減少や河川改修による餌場への影響など人為的な問題によりその生息数を減らして来た。それでも関係機関の努力により、2018年現在、かつての2倍以上の165羽まで回復したとされる。そしてその半数が知床半島に生息している。

北海道における生物多様性、自然環境のバロメーターとも言えるシマフクロウ、その未来が明るいことを望みたい。

霧の知床峠にて

連日の晴天でとても暑かった7月末の知床ですが、8月に入り夕方は少し涼しくなりました。するとこのところ姿を潜めていたヒグマが動き始めたようです。夕方、霧の知床峠で一頭のクマに出会いました。そのクマは痩せた体で軽々とガードロープを乗り越え、霧の谷間へ消えて行きました。

夏はヒグマたちにとって食べ物が少ない厳しい季節です。アリや小さな虫などを食べて飢えをしのぎます。お盆を過ぎるとカラフトマスが遡上し、9月になればヤマブドウが実をつけます。それまでの辛坊です。

パンダ?

知床半島の先端部付近、赤岩地区と呼ばれる所に今はもう使われていない番屋があります。昨年もこの辺りで見かけた雌のヒグマがいました。通称「パンダ」。見ての通り、ヒグマとは思えない白い毛で覆われた個体です。

真っ黒や濃い茶色一色イメージがあるヒグマですが、本当に個体ごとにイロイロなバリエーションがあります。金色の頭の個体やオレンジ色の襟巻きをしたもの、月の輪が有ったり無かったり…。でも今一番の個性派がこのパンダちゃんです。

皆さんも会いに行ってみませんか。

知床らうすリンクル

「日本の自然」受賞式

「日本の自然」写真コンテスト受賞式に出席してきました。

賞状盾を憧れの中村征夫さんから授与していただき喜びもひとしお。

受賞式後の懇親会では審査員の福田健太郎さんや吉野信さん、前川貴行さんともお話しさせていただきました。中村征夫さんはやっぱり気さくで素敵な方でした。

今回の最優秀賞は友人の佐藤圭さん。おめでとうございます。

私もこれを励みに、いっそう頑張ります!

入選のご報告

昨年の晩秋、知床で撮影した作品が、第35回「日本の自然」写真コンテストに入選しました!

第35回「日本の自然」写真コンテスト入賞作品発表(プリント部門)

みぞれが降る中、ずぶ濡れになり凍えながら撮った一枚です。
大きな体で細いナナカマドの木に登り、残り少ない秋の実りを必死に食べている姿に自然の厳しさを感じずにはいられませんでした。

今回、上位入賞はなりませんでしたが、また頑張って撮影に励みますので応援よろしくお願いいたします。

 

ドローン

最近投入したドローン。空撮動画はもちろん、上空からの風景撮影、周辺地形の確認にも重宝しています。

ただ飛ばすにあたっては、飛行禁止空域を避けたり、最大飛行高度ほ150mまでと守らなくてはならないルールがあります。加えて飛行区域の土地の所有者に許可も取る必要があります。

今回は知床国立公園内でしたので、まずは環境省の出先機関に飛行可否の確認を行った上で土地の管理者である林野庁森林管理署へ入林届けを提出するなどの手続きを行いました。

少し面倒ではありますが、きちんと手続きを行なっての飛行ですから、後ろめたさがなく、楽しく飛ばすことができました。何より事故が無いように人や動物たちへの配慮が大切ですけどね。

やんばる取材

今回のやんばるでの撮影はなかなか行動パターンがつかめず苦戦を強いられました。ヤンバルクイナでさえ1勝4敗という感じでした。そんな中、ノグチゲラの巣立ちの瞬間に立ち会う事ができたのは幸運でした。

奄美琉球の世界遺産登録は微妙な状況ですが、豊かな自然環境は変わることなく続いて欲しいと願わずにいられません。

写真はヤンバルクイナ撮影の一コマ。

南船北馬

ゴールデンウィークも今日で終わり。お出かけされた方、お疲れさまでした。良い思い出がたくさん出来ましたでしょうか。

銀座での写真展も終わり少しマッタリしていたのですが、季節は移ろい、動物たちの活動も盛んになって来ます。そろそろ私たちもエンジン再始動です。

−神業−

ゴールデンウィーク真っ只中ですが、都内のあちらこちらで開催中の写真展を巡るのはいかがでしょうか。

今日はキヤノン品川で開催中のルーク・オザワさんの写真展「JETLINER ZERO GLORIOUS –神業–」を鑑賞してきました。

150点あまりの作品に詰め込まれたルークさんならではの豊かな表現力に圧倒されました。常に新しい表現を追い求める探究心は大切だと改めて教えていただいた気がします。

銀座展2018終了

3月30日より1週間開催してきました「日本の動物たち/北と南」が昨日をもって終了しました。

期間中は多くの方にご来場いただき感謝の念に絶えません。中には2度3度と見に来ていただいた方もいらっしゃいました。

ご覧いただいた方々に、何か伝わるものがあれば幸いです。

今後ともPhotograph albireo の活動を応援よろしくお願いします!