霧の知床峠にて

連日の晴天でとても暑かった7月末の知床ですが、8月に入り夕方は少し涼しくなりました。するとこのところ姿を潜めていたヒグマが動き始めたようです。夕方、霧の知床峠で一頭のクマに出会いました。そのクマは痩せた体で軽々とガードロープを乗り越え、霧の谷間へ消えて行きました。

夏はヒグマたちにとって食べ物が少ない厳しい季節です。アリや小さな虫などを食べて飢えをしのぎます。お盆を過ぎるとカラフトマスが遡上し、9月になればヤマブドウが実をつけます。それまでの辛坊です。

「霧の知床峠にて」への2件のフィードバック

  1. 昨日は美味しいコーヒーありがとうございます。
    場外乱闘寸前のレスラーっぽいオヤジですね、
    朝方はオオルリの幼鳥に癒され、午後は遥か遠方のマッコウクジラに癒されてきました。
    今は屈斜路湖で大混雑の中、キャンプ中です。
    又、お邪魔ます。
    涼しくなったら羅臼岳登頂します。

  2. こちらこそありがとうございました。喜んでいただけて良かったです。お盆休みの最中、何処も観光地は人で溢れているようですね。短い北海道の夏、楽しんで下さいね。またお会い出来る事を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください